12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-28 (Wed)
本日、生徒さんからお礼のメールをいただきました。
昨日、六回のワンタームを終えられた
カフェギャラリーリンデンさんです。

生徒さんの最終回の写真はブログからご覧いただけます。
こちらから→カフェギャラリーリンデン

リンデンさんは芸術に深くご理解がありますが、
それ以上に、とても素直に深く、私のレッスンスタイル
を理解してくれました。

リンデンさんの心の広さ、学ぶ事への真摯さ、相手への
思いやり、それが、すばらしいアート写真へ繋がりました。

リンデンさん、すてきなメールとブログのご紹介をありがとうございました。
私自身も、大きな励みになりました♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本版ホームページオープンしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
こちらから →「ヨーロピアンアート写真 フォトワルツ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








| 写真講座のご案内と作品紹介 | COM(3) |
2010-04-14 (Wed)
写真の世界にはいろいろなジャンルがあります、
報道写真、フォトジャーナリストの世界は
私には、特別な領域に思えます。

そして、常に、報道写真家の方がたに尊敬を、
それ以上の、言葉にならない畏怖の念をもいだきます。

初めて すばらしい報道写真家を知ったのは、
イギリス人で、ベトナム戦争で命を失ってしまった
写真家でした。

軍事服で、首から5台以上ものカメラを下げて、最前線の中で
写真を撮り続けているのです。
更に報道写真でありながら、写真は作品とも呼べるすばらしさ、
今も世界中の写真家から賞賛されています。

今年もピュリツァー賞がアメリカ コロンビア大学で発表になりました。

         ピュリツァー2010

           建設作業員が救助している瞬間。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本版ホームページオープンしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
こちらから →「ヨーロピアンアート写真 フォトワルツ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




| 写真講座のご案内と作品紹介 | COM(2) |
2010-04-05 (Mon)
タイ語と英語の通訳士の佐野さまのプロフィール
写真の撮影をいたしました。

横浜と世界を繋げるお仕事のコンテンツを大切に、
港の見える丘公園に行き、ベイブリッジを背景に、など、
イメージをデザインしながらの、楽しい撮影会でした。

佐野さまのすてきな笑顔とお仕事への情熱が、伝わるように
撮影させていただきました。

お写真は、ご依頼さまからOKをいただいた時に、ご紹介
させていただく予定です。

             20100326Ja 088s

スナップ写真は、撮影後、近くの山手館でランチをいただいた時です。

お仕事なのに、佐野さんとのお時間は、いつも本当に心を豊かにしてくれます。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本版ホームページオープンしました♪
どうぞよろしくお願いいたします。
こちらから →「ヨーロピアンアート写真 フォトワルツ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^






| 写真講座のご案内と作品紹介 | COM(0) |
2010-01-23 (Sat)
まだまだ寒い横浜。

港の風は撮影実習にはきびしいかな~と心配しながら、
生徒さんをランドマークプラザでお待ちしていました。

「先生見ていただけますか?」とスケッチブックを
ご用意されていました。

開けてみると、
今までの私が渡した資料とそれに沿い、彼女が撮りためた写真、
まるでオリジナルのテキストのように作られていました!!!

私のレッスンは従来の写真レッスン、カメラの使い方とは違っています。
生徒さん一人一人のセンスを引き出すことを大切にしているので、
長い講義もありません。
レッスンのスタイルもご自身の感性を重視した欧米風です、
習うイコール先生が教えるという日本型のレッスンと考えられて
いる方もいます。
でも私は、1人1人の感性と表現を伸ばすことを大切にしています。

今日は、生徒さんと一緒に作品を見ながら、目をみはるほど上達している
ことに、本当に嬉しく幸せになりました。

更に、生徒さんもこれからいい写真が仕事で使えると、とても幸せそうでした。


写真はみなとみらいの野外展望ルームからコンパクトカメラで撮りました。
*室内から外を撮る時は、ガラスにぴったりレンズをつけてくださいね。

 
          C2010January23Japan 020s72x300 copy



          C2010January23Japan 017s72x300 copy






| 写真講座のご案内と作品紹介 | COM(0) |
2009-08-12 (Wed)
花写真のセミナーで、ポートフォリオの提出が、アルバムに貼るとい
課題になったため、画材屋さんに行きました。

私は画材屋さんが大好きです。
いろいろな色の紙、デザインが入った紙、アルバム、絵の具、
時間を忘れてしまいます。

今日初めてカナダの画材屋さんで、ず~と探していたものと出会えました。
花のぬりえです。構図もすてきです。

私は長く、大人用の塗り絵があったらいいのにと思っていました、
何年か前から日本でも「大人の塗り絵」というのが売り出されて
来て、私のように塗り絵ファンがいたのだと驚きました。

アメリカの花の塗り絵は、きっとこのブログを見てくださっている方なら
「私もこういうのが好き」と思ってくれるように思います。

やさしく、自由で、品があるのです。

*もし、興味がありましたら、お声をかけてください、
*花の写真を撮るうえでも、構図や色など、関連性は多いと思います、
*塗り絵カフェをしてもすてきですよね。



| 写真講座のご案内と作品紹介 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。