123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-18 (Thu)
時間があると、図書館に行きます。
本屋さんとは、また違った思わぬ出会いにドキドキする
感覚が好きです。

先日 イギリス人デザイナー、ローラアシュレイの本を
手にした時は、10年以上も前に初めて、ローラアシュレイと
出会った時と時間が突然繋がったように感じていました。

       ローラ

私が始めて出会ったローラアシュレイは、デザインもテキスタイルも
イギリスのものと殆ど同じでした。

小花やリーフをパターンにした、品がよく、愛らしいデザイン、
さらに、イギリスのボタニカルへの愛情が溢れていたすばらしい
デザインでした。

今も当時のローラアシュレイの服をまるで宝物のように
大切にもっています。

なぜなら、ローラアシュレイとの出会いが、ヨーローパアート写真、
花写真へ、長い時間をかけて導いてくれたように思えるのです。







スポンサーサイト
| 上手な写真の撮り方と写真エッセイ | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。