123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-26 (Wed)
みなと未来での写真のレッスンから、大倉山でのポートレイト撮影
打ち合わせまで、5時間も時間がありました。

生徒さんの提案で横浜美術館に足を向けてみました。
正直、ポンペイ展についてなにも知識もなかったのです。
人の流れにそって見始めて、すぐ、
すばらしい展示会であることがわかりました。

昔、学生時代、(昔です。。。。)訪れたイタリアでの
遺跡、古代の美術館の空気が蘇り、ひとつひとつの作品から
静かな、それでいて生命が伝わるものばかりです。

横浜美術館では、ポンペイ展の他に
写真のアメリカと題して、パイオニア時代のアメリカ人写真家
の傑作が展示されています。

私が一番尊敬する写真が、それもその写真をカナダで先生の紹介から
知り、プロになりたいと思った写真が、奥の展示室にひっそりと
飾ってありました。

世界中の写真家が尊敬する写真が、横浜で、こんなに偶然に
見ることが出来たことが、奇跡のようです。

偶然、足を運んだ横浜美術館でしたが、コレクションの内容の
良さに感嘆し、本当に嬉しい出会いを運んでくれました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絵を描くように写真を撮る、ヨーロピアンアート写真
 日本版ホームページ→「フォトワルツ
  どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




スポンサーサイト
| お知らせ | COM(2) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。